fbpx

住宅ローンの支払いが出来なくなるとどうなるの? #住宅ローン返済 #競売 #任意売却


住宅ローンの支払いが滞ると、次のような影響が出てくる可能性があります。

遅延損害金が発生する:
住宅ローン契約には、定められた期日までに返済しなかった場合に発生する遅延損害金が含まれています。この損害金は、借り入れ残高に対して一定の利率で計算されるため、返済が滞るほど金利も上がってしまいます。

信用情報に悪影響を与える:
住宅ローンの支払いが滞ると、金融機関から信用情報機関に対して遅延情報が報告されます。これによって、今後の融資やクレジットカードの審査で不利な判断を受ける可能性があります。

抵当権が行使される可能性がある:
住宅ローンの契約では、物件を担保として抵当権が設定されています。支払いが滞ると、金融機関は抵当権を行使することがあります。この場合、物件は競売にかけられ、売却された代金から借り入れ残高が償還されます。

連帯保証人に返済を求められる:
住宅ローン契約には、連帯保証人が設定されることがあります。支払いが滞ると、金融機関は連帯保証人に返済を求めることがあります。その場合、連帯保証人が返済しなければ、金融機関は債務者本人に代わって連帯保証人を訴えることができます。

以上のように、住宅ローンの支払いが滞ると、金融的な問題だけでなく、信用情報や家族・友人関係にも悪影響を与える可能性があるため、早急に対処することが重要です。

 

競売になるとどうなるの?

住宅ローンの支払いが滞ると、金融機関は抵当権を行使することがあり、抵当権を担保としている住宅を競売にかけることがあります。競売になると、次のような影響が出てくる可能性があります。

家を失う可能性がある:
競売にかけられた物件が落札されると、新しい所有者に譲渡されます。競売にかけられた住宅が自己居住用であった場合、家を失う可能性があります。

債務が残る可能性がある:
競売にかけられた物件が落札された金額が、借り入れ残高よりも少ない場合、債務が残る可能性があります。この場合は、債務者が残債を返済しなければなりません。

信用情報に悪影響を与える:
競売にかけられた住宅は、信用情報に登録されます。このため、今後の融資やクレジットカードの審査で不利な判断を受ける可能性があります。

残債を返済するための手続きが必要になる:
競売にかけられた住宅の債務が残った場合、債権者から残債を返済するように求められることがあります。この場合、返済計画を立てたり、債権者と交渉する必要があります。

以上のように、競売になると、家を失ったり、債務が残ったり、信用情報に悪影響を与えたりする可能性があります。
早急に対処することが重要です。

 

競売を逃れる方法は有るの?

競売を逃れる方法には、以下のようなものがあります。

金融機関との交渉:
支払いが滞った場合には、まずは金融機関との交渉が重要です。金融機関と話し合い、支払いの見直しや延期、返済額の減額などの条件を交渉することができます。

借入金の再融資:
競売を回避するために、他の金融機関から借入金を再融資することができます。ただし、再融資を受けるためには、信用情報が問題なく、収入が安定していることが求められます。

任意売却:
競売にかけられる前に、自分で住宅を売却することができます。住宅市場が好調な場合には、自分で住宅を売却することで、競売を回避することができます。

支援団体や弁護士に相談する:
住宅ローンが滞って競売にかけられる場合、支援団体や弁護士に相談することも重要です。アドバイスを受けながら、最適な解決策を見つけることができます。

以上の方法を試みて、競売を回避することができる可能性があります。
ただし、早期の対処が重要であり、時間が経過してから対処すると、競売を回避することが難しくなることがあります。

 

誰でも状況は良くも悪くも変化しますので、1人で悩まずに、一刻も早く適切な専門家へ相談してください!

詳細はこちらの公式サイトで


これでOKドットコム

●もしも公式サイトの詳細が表示されない場合は、キャンペーンが終了しています。

住宅ローン
この記事タイトルとURLをコピーしてシェア
これでOKドットコム【公式】
タイトルとURLをコピーしました